自分が自分らしくあるために必要なこと

先日、4年ぶりくらいにフラメンコのライブに出演して、ソロでタラントという曲を踊らせてもらいました。

フラメンコを始めたのは大学1年生の時。バレエを昔やっていたり、母が社交ダンスを教えていたり、叔母がフラメンコをやっていたり、踊りに振れる機会が多かったので、自分でも何かやりたいと思って始めたのがきっかけ。外国語大学で、フラメンコ部があるのも珍しかったから試しに始めたみた。でも、やっていくうちにどんどんのめりこんで、授業がない時はずっと練習場にいて、練習着のまま授業に出たりしていたくらいフラメンコ中心でしたね(笑)

それから、15年以上経った今でも続けているのは、何か言葉では説明できないけれど、自分の人生の一部としてフラメンコがあるような気がしていて、それを失うと自分が自分ではなくなってしまうような感覚に襲われるのです。

実際、30歳あたりで自分のキャリアや人生そのものに悩んでいた時、「こんなにお金も時間もかけて、何のためにフラメンコやってるんだろう?」って思って1回離れてみたことがありました。その時期に、会社を辞めて、独立して、結婚して出産もし、ある意味、自分が実現したいと思っていたことは全部叶えることができました。

でも、どこかで何かが足りないという感覚。どこか物足りない。

そんな時、主人が「子ども見てるからフラメンコのレッスン行って来たら?」と言ってくれました。最初は、まだ全然勘も取り戻せなくて、振りも覚えが悪い。子育てや仕事で使ってるシナプスや筋肉と踊りで使うものは全然違うのだ!でも、すごく楽しかったんです。

練習も楽しいけど、舞台に立つのはもっと楽しい。
緊張感、高揚感、カンテ(歌)、ギター、パルマ(手拍子)、ハレオ(掛け声)、そしてお客さんの拍手。
本番は、全部が一体化して大きなエネルギーになって、そこには清々しい何かがある。それは、本番でしか味わえない。

私はプロの踊り手ではないけれど、それでも見に来てくれたお客様が「良かった!感動した!素敵な舞台をありがとう!」と言ってくれるとものすごく嬉しい。

何を表現したいのか、何のために踊っているのか?
正直、わからないし、一言で言えないけれど、
自分が自分らしくあるために必要なんだなと思います。

私が習っているフラメンコ先生、篠田三枝さんが
「踊れること、舞台に立てることは当たり前じゃない。
だから一瞬一瞬に感謝して」と言っていました。

本当におっしゃる通り。
私も子どもができてからは特にそう思う。
生まれてきたこと、元気でいられることすら、奇跡だなって。

皆さんがもし何か、学生の時にハマってたとか、興味があってやっている趣味があったとしたら、ぜひ細く長く続けてみてください。それは、無駄なことでは絶対になくて、自分が自分らしくあるために必要だし、仕事や家族にとっても、巡り巡ってプラスに働く要素だと思います。私もそう思ってこれからも頑張ろうと思います。

もし、今までに趣味がなかったとしたら、おめでとうございます!これから見つけたい放題!興味あるな~と思うこと、片っ端から試してみて、自分が好きだ!と思うものに出逢えるまで試し続けられる。全部試したら、それはそれでまた新しい世界が見えてくる気がします。

Flamenco

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法

フラメンコの女王に学ぶ女性のキャリア:映画「ラ・チャナ」

こんにちは、キャリアアドバイザーの白木賀南子です。

先日、人気絶頂期に引退した(させられた!)フラメンコの女王「ラ・チャナ」のドキュメンタリー映画を観に行きました。きっかけとしては、フラメンコを私がやっているから観に行ったわけですが、本当にたくさんの女性に観てほしい!と思う素晴らしい作品でした。

結婚、出産、キャリアの頂点での引退、男性社会での抑圧、家庭内暴力、離婚、どん底からの復帰、運命のパートナーとの出逢いなど波乱万丈の人生。それでも、自分の足が動く限りは踊り続けようというものすごいエネルギーと、自分らしくチャーミングな一面が本当に彼女の魅力だと思いました。

フラメンコに興味がない人も、自分の夢や人生には興味があるならぜひ観てほしい作品です。

“フラメンコの女王に学ぶ女性のキャリア:映画「ラ・チャナ」” の続きを読む

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法

情熱大陸にフラメンコ!日本のフラメンコ人口ってどれくらい?

先日学生時代からのフラメンコ友達と久々に再会しました!2人とも同い年の子どもを持つ母になり、でも根本は全然変わってないな~というのがなんだか不思議でもあり、嬉しくもありました。

彼女はフラメンコの歌(カンテと言います)をプロとして歌っていて、旦那様もフラメンコ関係なのですが、ダンスブームな今の時代に「なんでフラメンコもっと流行らないんだろうね?」という話題が出ました。

そんな中、なんと今週2018年7月8日の情熱大陸はフラメンコダンサーのシロコさん!というなんともフラメンコやっていない人にも知ってもらえる機会だということで、私も前から思っていたことについてまとめてみたいと思います。

そもそもフラメンコって日本で見られるの?

フラメンコをやってなかったら、フラメンコのショー見に行ってないよね~
という私たち。 “情熱大陸にフラメンコ!日本のフラメンコ人口ってどれくらい?” の続きを読む

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法

フラメンコと仕事の共通点

By: Tabi
私は大学生の頃から趣味でフラメンコを踊っています。

フラメンコは、もともと歌やギターの音楽的な要素がメインで
踊りは後から追加されたものです。
実は本質的には踊りよりも音楽が重要だったりします。

ディスコなどで音楽にノッて体を動かすのも1つの踊りですし、
バレエや社交ダンスのように決められた音楽に合わせて振りを踊るのも1つですが、
フラメンコは歌い手の歌、ギタリストのギターの意図を理解し、
それに共鳴して踊るような感じになるの、歌が変われば踊りも変わり、
ギターが変わればまたまた踊りが変わります。
(これがめちゃくちゃ難しいのですが・・・)

先日のレッスンで先生に

「その振りは何のためにやっているの?何に対してやっているの?」

と言われました。

ステップや手の動かし方は、最初に習うようなとても簡単な振りです。

音楽に合わせて単純にそのステップを踏むことは簡単です。

ですが、フラメンコで問われるのは「何のために?」
というもっと本質的に重要なところなのです。

例えば、

・歌い手の思い
・周りの掛け声やパルマ(手拍子)の雰囲気
・ギタリストの奏でる音色
自分は何のためにこの振りを踊っているのか?

 

これは、仕事でも同じことが言えると思います。

例えば、

・この作業は、何のためにやっているのか?
・この作業は、この後どこにつながるのか?
・この作業は、今必要な作業なのか?

ゴールや最終形がイメージできていれば、
自然と作業の目的や優先順位も明確になってきます。

目の前のことでいっぱいで、忙しくて、頑張っている自分がいたら、
一旦立ち止まって、「何のために?」を考えてみましょう。

意外とシンプルに必要な作業だけをやれば、
最高の結果が得られるのだと思います。

フラメンコの振りも、難しくてかっこいい!と思えるものを
無理にやっても本当に良いものは生まれません。

フラメンコも仕事も意外とシンプルだったりします。

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法