教える機会をくれてありがとう!知識を確実に定着させるアウトプット

こんにちは、キャリアアドバイザーの白木賀南子です。

DMMさんからオファーを頂き、DMM英会話なんてuKnow?の回答者(アンカーというそうです)をやらせて頂くことになりました。

これって英語でなんて言うの?という疑問を投稿し、それに英語のプロが回答する形式のサイトで、現在1200万PVを超える閲覧数があるそうです。

25個くらい一気に回答を提出したのですが、久しぶりに頭が英語漬けな感じになりました(笑)そして、やっぱり人に教えることは最大の学びだなと改めて思ったので、ちょっと今日はそのことについて書いてみます。

人に教えると知識が定着する

せっかく学んだ知識も、3日したらあっという間に忘れてしまった!という経験ありませんか?私はけっこうあります。そして字が汚いので、メモを見ても全く思い出せない・・・

そこで私の場合、忘れたくないことは、その日に学んだことをなるべくアウトプットするようにしています。(主人は毎日私の学んだ情報を聴かされて飽き飽きしているかもしれませんが!)

人に何かを説明しようとすると、論理的に言語化することが必要です。
支離滅裂な文章では相手に伝わらないからです。

 

ただ話すだけではなく、私が人に教える時どうしているか、
頭の中のプロセスを思い返してみると、こんな感じです。

  1. 思い出す
  2. 整理する
  3. 再現してみる(イメージ)
  4. 曖昧な点を調べる
  5. 発信する

 

「教える」ためには、情報を整理したり、不明点があれば調べ直したりする必要がでてきます。これだけのステップを踏まないと相手にきちんと理解されるように教えることができないわけですね。

 

特に、自分でリハーサルしたり、イメージをすることが重要だと思っています。そこで、曖昧な点がけっこう出てきたりするんですよね。そうすると、理解しきれていないところを調べるので、更に知識として定着していきます。

 

今回の英語表現の回答の際は、解説をつけるのですが、
何気なく使っている表現をいざ説明しようとすると、
「なぜこの単語使うんだっけ?」「ここなんで複数形なんだ?」
などけっこう忘れていたり、きちんと理解していない部分がありました。

 

ありがたいことに解説をしている回答しながら、私自身の英語のスキルが上がってるんですよね。

 

つまり、誰かに何かを教える機会をもらえるというのは、自分のレベルも上がってとってもとってもありがたいことなんです!

ほとんどの人がインプットしかしていない

私たちは毎日膨大な情報を受け取っています。特にインターネットが普及してからは、それまでと比べ物にならないくらい情報量が激増しました。

 

情報を受け取る=脳にインプットをしている状態です。

 

学校に通ったり、講義を受けたり、人から教わることだけでなく、雑誌や本を読んだりすることも情報をインプットしている状態です。

 

しかし、ほとんどの人がインプットをたくさんしているにも関わらず
アウトプット(情報発信)することはしていません

 

なので、もしせっかく学んだことを定着させたいと思ったら、
ぜひそれをどんな形でもいいのでアウトプットしてみてください!

 

帰ってパートナーに話すでもいいのですが、それ以上にできる人は、
ブログに書いてみたり、自分で勉強会を開催したり、セミナーを開催したり
人に意識的に教える機会を作るのが、ベストだと思います。

 

ちなみに、脳の記憶力の関係上、48時間以内に教えることがベストらしいですよ!

 

これを書きながら、明日のフラメンコのレッスンの振り付けも思い出さなければ・・・と思ってきました。踊りも人に教えると早く覚えられるんですよね。やってないな~(笑)やります!

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法