闇金ウシジマくんを見て感じた「自分の頭で考える」ことの大切さを伝えるメッセージ

闇金ウシジマくんという映画を主人に薦められて、一緒に見ました。けっこう闇深いというか、10日で5割の利息とか起きる事件とか、こんなことある!?と思いつつもけっこう面白かったです(笑)私は山田孝之と綾野剛が好きなので、2人の演技も良かったです。

一見、全て理不尽だし、暴力的に見えるウシジマくんですが、「自分の頭で考える」というメッセージがところどころに出てくるなと感じました。



承認欲求を満たすためにホストや男性に貢ぐ、人や名声への憧れや依存、お金さえあれば幸せ、ギャンブル依存など、自分で考えなくてもその時の運や人に自分の大事な人生を委ねてしまう。

ちょっと極端な状態の例が多く出てきますが、ウシジマくんは「自分の頭で考えているかどうか」ということを大切にしていて、債務者が自分の頭で考えているか、考え始めたかということをベースに人をよく見ています。

物事を真剣に考えたり、分析したり、アイディアを出したりってけっこう面倒だし、大変。

でも、それをやるからこそ、自分の人生に対して真剣に向き合えるし、自分の軸で自信を持って生きてけるのではないかなと思います。

仕事も単純作業はロボットや機械にとってかわっていく時代。だけど、頭を使って考えるというのは、その人にしかできない、オリジナルの仕事になる可能性がとても高いはずです。また、一つのことではなく、複合的に仕事をしていけるのも人の脳だからできることだと思います。

あと、楽して稼げるなんてこと基本的にはないですよね。例え、たまたまラッキーで稼げたとしても長くは続かないよな〜と改めて思いました(笑)

ウシジマくん、NETFLIXで見れますので、見たい方はぜひ。でも1人で夜中とかには見ることはオススメしません!(笑)

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法