フリーランス女性は結婚しやすいと思う3つの理由

こんにちは、キャリアアドバイザーの白木賀南子です。

 

最近、フリーランスとして働く人が増えてはいますが、まだまだ少ないのが現状です。そして、フリーランスになると仕事をし続けなければ収入が止まってしまうから、恋愛や結婚をするタイミングを逃してしまうのではないか?と心配される人も多いようです。

 

しかし、私はフリーランスの女性はむしろ結婚しやすいのではないかと思っています。あくまで私個人の意見ですが、ぜひ興味ある方は寄り道していってください。

フリーランス女性が結婚しにくいと思われる理由

忙しくて結婚相手を探す暇がない

独立すると仕事は自分で取ってこなければいけません。時には、営業マンであり、時には広報やPR担当であり、様々な役割を自分で全部行わなければなりません。そして、もし契約が打ち切りになったり、仕事の依頼がなくなったら収入を保証してくれる会社や組織はありませんから、無収入になってしまいます。

こうやって考えると、止まったら死ぬ!だから、結婚相手を探している暇なんてない!と思われがちですよね。

1人で生きていけそうというイメージ

独立していると男性から、“1人で生きていけそう”とか“ワガママで自分勝手そう”など結婚対象に見てもらえないのではないか?と不安になる方もいるようです。また、“収入が不安定だから生活も不安定になりそう”というイメージを持っている男性もいるようです。

一般的にこんなイメージがあるかもしれませんが、私は3つの点からフリーランス女性は結婚のチャンスはたくさんある!と思っています。

結婚しやすい理由その1:価値観の合う相手との出逢いが多い

フリーランスになると、会社組織にいる時と違って、色々な場所(セミナー、コミュニティ、シェアオフィスなど)に顔を出して人脈を作ったり、仕事をしたりすることが多くなります。つまり、その分出逢いは非常に多くなります。

もちろん、結婚相手を探しにいこう!と思ってそういった場所に参加しているわけではありませんが、だからこそ、同じ価値観を持っている人や自分の仕事のスタイルを理解してくれる、本当に結婚にむいている人に出逢えるチャンスが多いのではないでしょうか。

そもそも、フリーランス=1人で生きていけそう、というイメージは自立しているということなので、自立した女性と結婚したいと思っている男性にとってはむしろプラスです。

経済的にも精神的にも自立した女性と結婚したいと思っている男性は、多いと思いますし、そういう男性と結婚した方がこの記事を読んでいる女性はもともとの価値観が合っています。結婚したいからといって、自分を偽って、か弱い女性を演じたところで、結婚したら自分を偽っては一緒に生活していけませんし、長続きしません。

結婚しやすい理由その2:時間の調整がしやすい

フリーランスは時間がないと思われがちですが、常駐型で働かない限りは時間が自由になります。1日の中で仕事をする時間、休憩する時間、勉強の時間を自由に組んでいいのです。相手が会社員の人なら、平日の夜や土日を空けられるように仕事を調整し、相手が同じように独立しているなら平日の昼間を空けて会うことができます。つまり、フリーランス女性なら相手の男性がどんな働き方でも柔軟に合わせることができて、一緒に過ごす時間を確保できると言えます。

よくお互いに忙しくて、せっかく付き合っているのになかなか会えないというカップルがいると思いますが、フリーランスの女性は会う時間も自分でコントロールすることができます。

結婚しやすい理由その3:仕事と家庭のバランスが取りやすい

フリーランスとして働くということは、仕事の量も自分でコントロールすることができます。結婚、出産も考えているキャリアも継続したいという女性にとっては、仕事と家庭のバランスが取れるかどうかというのは非常に重要なポイントになってきます。結婚や出産したらキャリアが失われると思って、なかなか結婚に踏み出せないという人もいるかもしれませんが、それもフリーランスとしての働き方次第で、すべてバランス良く手にすることができます

フリーランス女性が出産前に知っておくべきことについてはぜひ以下の記事もご覧ください。

フリーランス女性が出産前に知っておくべき3つのポイント

仕事も結婚も自分らしく生きるための選択

フリーランスになったら結婚できないのでは?と思っている方の悩みが少しでも解消されていれば良いなと思います。

マイナビウーマンの記事によると、『81.4%の男性がフリーランスで働く女性は結婚対象に入る』と回答しているそうです。(参考記事はこちら

会社員かフリーランスかという働き方が問題なのではないということですね。結婚するか、しないか、その選択はすべてあなた次第ですし、どちらが正解、良いか悪いかということではありません。

結局は、自分が自分らしく幸せに生きることができるか。そのために、結婚という選択肢が必要ならば、結婚すればいいと思いますし、フリーランスという形で仕事をした方が幸せだと思うなら、チャレンジしてみればよいと思います。

1つ言えることは、何でもやってみないと自分にむいているかなんてわからないということです。働き方も結婚も、『私にはむいてない、私にはできない』と決めつけてしまう前に1回やってみて判断してもいいのでは?と思います。

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法