母親の幸せ感が子どもの成長に影響する(高野弘之先生&池川明先生コラボ講演レポート-2)

こんにちは、キャリアアドバイザーの白木賀南子です。前回に引き続き、高野先生&池川先生コラボ講演の内容をお伝えしたいと思います。(前回の「子どもを健康に育てるためにすべき2つのこと」はこちらをご覧ください。)

産科医池川先生について

神奈川県横浜市池川クリニックを開院し、昨年まで38年間お産の現場に立っていらっしゃいましたが、現在は講演活動を中心にご活躍されています。「胎内記憶」の研究や情報発信をされており、著書も複数出版されています。ホームページはこちら

(左:池川先生)                    (右:高野先生)

 胎内記憶とは

子どもが持つ「お母さんのおなかの中にいたときの記憶」のことです。

 

誕生の瞬間の記憶である「誕生記憶」、それ以前の記憶「誕生前記憶」に大きく分けられます。

 

「誕生前記憶」は更に、受精から誕生の直前までの記憶である「胎内記憶」と、雲の上などにいて肉体を伴わない受精する直前までの記憶の「中間生記憶」に分けられます。

 

さらにその前に肉体を持ったヒトとして生きていたことを覚えている記憶を
「前世記憶」と呼びますが、区別せず全部をひっくるめて、「胎内記憶」と呼ぶことも多いようです。

 

また、胎内記憶を語る子どもの多くは2~3歳で、成長するにつれて記憶は薄らいでしまうそうですが、時々大人になっても記憶が残っている人がいるようです。

(参照元:池川明の胎内記憶、著書『おなかの中からママとパパをみていたよ』)

子育てや出産の目的は?

ほとんどのお母さんは、何のために出産するのか、何のために子育てをするのかを考えたことがないのではないでしょうか?

子育てや出産の本来の目的は「子どもを健康に育てるため」です。

健康に育てるために、母乳育児や自然出産を選択したりするのであって、これらはあくまで手段であり、目的ではありません。

手段が目的化してしまい、それに捉われすぎてしまっている人が多いとのことですが、結局すべては子どもを健康に育てるという目的のためにやっていることだということを忘れてはいけないのです。

母親の感情が子どもの成長に影響する

母親の妊娠・出産の時の感情が子どもの成長に影響するのだそうです。

 

フィンランドの研究によると、「行動・情緒面に問題がなく社会的能力が高い子ども」に育つための母親の感情がどのようなものかというと・・・

 

母親の「幸せ感」だそうです。特に、出産直後の幸せ感。これが、16年間(16歳になるまでの間)子どもに影響するそうです。

つまり、お母さんがどれだけ幸せな気持ちでいられるようにするか。これも子どもを健康に育てるためには必要なことなのですね。

胎内記憶を認めない現代医学

現代医学の″エライ″教授に、「子どもに記憶があるわけがない」「親を喜ばせるために言っているだけ」「テレビで見た情報を言っているだけだ」と否定されることもあるそうですが、

 

「パパ、玄関で頭をついてママに謝っていたよね」と妊娠中の夫婦喧嘩の光景を話したり、

 

「急に明るくなって無理やり足からひっぱりだされたの」と逆子で帝王切開だった時のことを話してくれる子がいるそうです。

 

どちらも、親が喜ぶ話しでもなければ、テレビでやっているような話しでもありません。

 

何を信じるかですが、世の中、常識と違うことも多く、新聞やメディアでは伝えられていない事実も多いのです。鵜呑みをせずに、様々な情報をもとにジャッジをする必要があるとおっしゃっていました。

子育ては何もしないほうが結果が良い

子どももあなた自身もみんな世界一になれる能力を持っているのですが、その子の特性を見つけてあげることが大切。そして、子どもとの関わり方で成長が違ってきます。

 

3歳まで母親につきっきりで管理され、何もかも口を出されていたらその子の能力が発揮されません。自由にさせてあげる、子育ては何もしないほうが結果が良いのです。

うまれてきたわけ

池川先生の講演に出産前に参加させて頂いた時も、今回も上映してくだった動画があります。

 

さだまさしさんの「いのちの理由」という歌に、ヤブキユミさんという胎内記憶を大人になっても持っている方がアニメーションをつけたとても素敵な動画です。ぜひ、ハンカチを用意してから見てください。

reborn2daysanime from HAPPY on Vimeo.

講演を聴いて感じたこと

出産前に聴くのと、実際に子育てをしてから聴くのでは、また自分が反応する部分が違うなと思いました。前から胎内記憶のことは知っていたけれど、改めて子育て中のお母さんにとっては、これが本当かどうか科学的には証明できなかったとしても、信じることで心が温かくなり、幸せな気持ちになれるから、信じて損はないのでは?と思います。うちの子が私を選んできてくれたんだって思うと、ただでさえ可愛いのに、もっともっと愛おしい存在になってきます。興味がある方は、ぜひ池川先生の胎内記憶の本も読んでみてください。

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法

子どもを健康に育てるためにすべき2つのこと(高野弘之先生&池川明先生コラボ講演レポート-1)

こんにちは、白木賀南子です。今日はキャリアアドバイザーというよりは、健康関係の話しなので、1人の母親として書きたいと思います。

 

健康は生活すべての土台であり、特に独立すると自分が健康を害すると仕事ができなくなるので、死活問題になりかねません。でも、健康に関する知識って学校で教えてもらったことがほとんどないですよね。そのため、自分で勉強するしかないのだと思います。

 

私もよくテレビ番組の「発掘あるある大事典」とか「ためしてガッテン」などを見て、「スキムミルクが健康に良い」とか「逆立ちが健康に良い」といった情報を知っては、その食品を摂ったり、運動してみたりしました。でも、情報が多すぎてどれを続ければ良いのかわからず、結局どの健康法もなかなか続きませんでした。

 

数年前に私は友人に誘われて健康に関して学ぶ機会があり、そこでローフードという食事法とも出会い、ローフードマイスターの資格を取得しました。そこから食の大切さを知り、油や添加物に関することも学びました。

 

今は母親となり、自分だけでなく、家族の健康のためにも学び続けようと思っています。なるべく多くの情報を調べて、その中から自分で判断するようにしています。

 

先日、ゴールデンウィーク明けに子育ちパパママ・ハーモニーさんが主催されていた小児科医高野弘之先生と産科医池川明先生のコラボ講演に息子と一緒に参加してきました。偶然、Facebookで発見したのですが、高野先生には直接お世話になっており、池川先生は出産前に実際にお話しを伺ったことがあったので、そのお二人が共演されるなんて!と楽しみにしていました。

 

今回は、私の学びのアウトプットも兼ねて、講演の内容を2回に分けてお伝えしたいと思います。

高野弘之先生

世田谷区用賀の豊受クリニック院長(ホームページはこちら離島に勤務した際、さぞ大自然の中で育つ子は健康なのだろうと思ったら、実際には病院通いの子が多く、その原因は、自分たちが処方する薬なのでは?と考え、薬に頼らず人間の「内なるドクター」を信じる、自然療法の道を追求するようになったそうです。著書に「母子手帳のワナ」があります。

(左:池川先生)                    (右:高野先生)

1、子どもを健康に育てたければ病院にいかないこと

妊婦検診、出産、小児医療に関して、私たちは当たり前のように指定された検査や処方を受けていますが、それが実際、「何のため」の検査や処方なのかはあまり説明される機会がありません。

  • HTLV-1抗体とは何なのか?
  • K2シロップとは何なのか?
  • 予防接種とは何なのか?
  • 断乳や離乳のタイミングって?

高野先生は、病院でこういったことの説明がきちんとされていないことに問題を感じていらっしゃいました。ちゃんと情報を知った上で、親が自分の子どもに必要か必要でないかを判断したらどうでしょうか?という問題提起です。

私たちの体の中には「内なるドクター」がいて、ウィルスや菌などに自然に対処する力を持っている。熱、下痢、鼻水、発疹は溜まった毒を出すために必要な対処。薬やワクチンで妨げてしまうと毒だしがきちんとされず、またすぐに感染したり、別の症状が出たりしてしまうことが多いそうです。

子どもが苦しんでいる姿は、見ていて心配でしょうが、病院に行って不要な薬で症状を抑えてしまう(根本解決にはなっていない)よりも、「親が子どもを信頼することが大切」とおっしゃっていました。

2、子どもを健康に育てたければテレビを捨てること

テレビを捨てる理由は、ニュースなどを見て、変な恐怖心を植え付けられてしまうから。例えば、今沖縄に始まり、流行している麻疹(はしか)。子どものころにワクチンを受けていたとしても、大人になると効果が切れてしまうそうです。実は、小さい時にかかっておけば、一生の免疫ができるそうです。

麻疹にかかると、発熱、目やに、鼻汁、強い咳、口の中に斑点、発疹といった症状が出ます。そこから重症化する確率としては、肺炎や中耳炎の合併が10%前後、脳炎は約0.1%だそうです。(これを多いとみるか、少ないとみるかは個人の判断ですが)

必要な情報はインターネットでも見られる時代なので、テレビは捨ててもいいのではとおっしゃっていました。

発熱時の対処法

風疹や麻疹など、子どもが発熱をしている時は、鼻水止め、解熱剤、抗生物質を使わず、以下の対処法を行うと良いそうです。

  • 熱がこもらないようにする
  • 水分補給をしっかりする

もちろん、先生も薬で止めなければいけない場合もあるとおっしゃっていました。発熱が何日も続くようなら病院に行きましょう。

講演を聴いて感じたこと

先生がお医者さんとして疑問を持ったことをこうして一般の私たちに伝える機会を作ってくださることは本当に貴重だし、勇気ある行動だなと感じます。

何が正しいかはわかりませんが、自分が知った情報をもとに納得して選択していこうと私は思います。(でも、テレビは大好きなので、多分捨てないですね・・・笑。そこからどういった情報を取捨選択するかを考えます!)

 

子どもを持つお母さんならみんな我が子を健康に育てたいはずなので、ぜひ少しでも疑問があったり、気になったりすることは自分で調べてみてほしいなと思います。

次回は、池川先生の講演に内容とお2人のトークセッションについてシェアします!

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法