【自動化で楽に生きる】日常の選択に頭使いすぎて逆に疲れる自分にさようなら

私と主人の共通の趣味

それは、中田敦彦のYouTube大学を見ることだ。

一緒に見ることもあれば

それぞれ見て面白かった内容をシェアする。

変わった夫婦かもしれない。

価値観が合うので

普段はほとんどケンカもしないし

仲良し夫婦だと思う。

だが、時々私のイライラが爆発する。

その原因に最近気づいた

それは



日々の選択に頭を使いすぎていること

人は1日に許容できる選択の数は10回なのだそうだ

(これもあっちゃんの動画で学んだ)

そのため

選択に迷っていると疲れてしまう

だから自動化、習慣化せよ

という内容だった

私の選択の迷いは

食べたら食べっぱなし

脱いだら脱ぎっぱなし

フタは開けっ放し

これらを

私が片付けるか

放置して気づくまで待つか

今すぐ伝えて片付けさせるか

を常に迷っていたのだ。

これらにいつもいつも小さなイライラが積もり

最終的に大爆発していたらしい。

わかってしまうとくだらない。

なので、自動化することにした。

落ちている物を見つけたら拾う

片付いていない物を見つけたら片付ける

フタが開いてたら閉める

何も考えずオートマに

たまたま目の前にいたら言う

(ただし、嫌味ではなく事実として伝える)

昨日から実践してみてだいぶ楽になった

床はキレイだし

テーブルもキレイだ。

倒れてこぼれそう…

などと心配する必要もない。

そして案の定こぼれた時に

ほら見たことか

とも思わなくてよい。

ちょっと意地悪な自分にもさようなら。

このまま自動化できることを増やして

もっと楽に生きていきたい

相手が変わることを待つよりも

自分が変わって楽になるなら

その方がきっと楽だ

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法