自分が自分らしくあるために必要なこと

先日、4年ぶりくらいにフラメンコのライブに出演して、ソロでタラントという曲を踊らせてもらいました。

フラメンコを始めたのは大学1年生の時。バレエを昔やっていたり、母が社交ダンスを教えていたり、叔母がフラメンコをやっていたり、踊りに振れる機会が多かったので、自分でも何かやりたいと思って始めたのがきっかけ。外国語大学で、フラメンコ部があるのも珍しかったから試しに始めたみた。でも、やっていくうちにどんどんのめりこんで、授業がない時はずっと練習場にいて、練習着のまま授業に出たりしていたくらいフラメンコ中心でしたね(笑)

それから、15年以上経った今でも続けているのは、何か言葉では説明できないけれど、自分の人生の一部としてフラメンコがあるような気がしていて、それを失うと自分が自分ではなくなってしまうような感覚に襲われるのです。

実際、30歳あたりで自分のキャリアや人生そのものに悩んでいた時、「こんなにお金も時間もかけて、何のためにフラメンコやってるんだろう?」って思って1回離れてみたことがありました。その時期に、会社を辞めて、独立して、結婚して出産もし、ある意味、自分が実現したいと思っていたことは全部叶えることができました。

でも、どこかで何かが足りないという感覚。どこか物足りない。

そんな時、主人が「子ども見てるからフラメンコのレッスン行って来たら?」と言ってくれました。最初は、まだ全然勘も取り戻せなくて、振りも覚えが悪い。子育てや仕事で使ってるシナプスや筋肉と踊りで使うものは全然違うのだ!でも、すごく楽しかったんです。

練習も楽しいけど、舞台に立つのはもっと楽しい。
緊張感、高揚感、カンテ(歌)、ギター、パルマ(手拍子)、ハレオ(掛け声)、そしてお客さんの拍手。
本番は、全部が一体化して大きなエネルギーになって、そこには清々しい何かがある。それは、本番でしか味わえない。

私はプロの踊り手ではないけれど、それでも見に来てくれたお客様が「良かった!感動した!素敵な舞台をありがとう!」と言ってくれるとものすごく嬉しい。

何を表現したいのか、何のために踊っているのか?
正直、わからないし、一言で言えないけれど、
自分が自分らしくあるために必要なんだなと思います。

私が習っているフラメンコ先生、篠田三枝さんが
「踊れること、舞台に立てることは当たり前じゃない。
だから一瞬一瞬に感謝して」と言っていました。

本当におっしゃる通り。
私も子どもができてからは特にそう思う。
生まれてきたこと、元気でいられることすら、奇跡だなって。

皆さんがもし何か、学生の時にハマってたとか、興味があってやっている趣味があったとしたら、ぜひ細く長く続けてみてください。それは、無駄なことでは絶対になくて、自分が自分らしくあるために必要だし、仕事や家族にとっても、巡り巡ってプラスに働く要素だと思います。私もそう思ってこれからも頑張ろうと思います。

もし、今までに趣味がなかったとしたら、おめでとうございます!これから見つけたい放題!興味あるな~と思うこと、片っ端から試してみて、自分が好きだ!と思うものに出逢えるまで試し続けられる。全部試したら、それはそれでまた新しい世界が見えてくる気がします。

Flamenco

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法

「俺、子ども大好きだな~」にほっこり

来週末に、新製品のプレスイベントが控えており、先週から準備にてんやわんや。イベント会社さんに入ってもらうことになったので、本当に良かった・・・これ自分だけで企画して、当日オペレーションしてって考えたら本当に悲惨な状態になっていたので、やはりプロに任せるって大事だなと進行表とか出してもらって思いました。

 

息子は1歳ともうすぐ4か月になりますが、まだまだ「ママ~」という感じで甘えんぼさん。やっぱり、家事や仕事をしていると「ママ~ママ~」って泣きついてきます。すごくすごく可愛いんですが、やらなければならないことがあると、ついつい「ちょっと待ってね~」が口癖になりがちです。

 

うちの主人は、残念ながら家事が苦手です。私が出産後仕事をスタートする際の条件として作成した家事分担表は、もはや風化し、私も見るとイライラしてしまうので抹消しました。

 

今朝、私がバタバタと家事をしながら、仕事をしていると、息子の「きゃきゃきゃ!」と嬉しそうに笑う声が聞こえてきました。

 

そして、ぼそっと「俺、子ども大好きだな~」って。

 

バタバタしていた私ですが。その言葉を聞いてなんとなく「かわいいな~」とふと笑ってしまいました。

 

すると「ごめんね、家事全然やらなくて。でも子どもの面倒は見るよ!」と言ってくれました。

 

夜ゆっくり寝たい、朝もっと寝たい、お風呂もゆっくり入りたい、掃除・洗濯・料理・片付け全部私!?って思って、なんとなく主人に冷たくあたってしまうこともありました。

 

でも、私が趣味のフラメンコのレッスンに行けるように、夜時々外でご飯を食べに行けるように、私が仕事に集中できるように、子どもの面倒を見ていてくれるだけでも、とてもありがたいな~と思います。

 

今朝は、そんなこんなでほっこり気分で1日をスタートすることができました。

 

写真は、主人の出場したテニス大会に家族で応援に行った時の一コマ。見づらいけど息子の手には、小さくてめちゃくちゃ可愛いテニスラケットが!
ちなみに、ダブルスで優勝しました!いつも部屋の中でラケット振り回してて物壊したりして迷惑だったけど、テニスしている姿、カッコよかったです。

 

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法

ママが自分を大切にすると家族が幸せになる

こんにちは、キャリアアドバイザーの白木賀南子です。

お盆、そして終戦の日ですね。息子を連れてお墓参りに行きました。息子が生まれてなんとなくご先祖様がいてくれたから私もこの世に生まれ、息子を授かることができたんだなと思い、ご先祖様に感謝するようになりました。

私たちの祖父母の時代が頑張って働き、食べることに困らない生活ができるようになり、戦争や争いのない安全な社会を作り、物に不自由しない時代を築いてくれたから、今私たちは好きな仕事や好きな生活のスタイルを選択できるんですよね。

ところで、今日は家族で集まったので、なんとなく思いだした話しをお伝えしたいなと思います。「ママが幸せなら家族みんな幸せ」ということです。

“ママが自分を大切にすると家族が幸せになる” の続きを読む

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法

愛と感謝を表現する手段が仕事だと考えたらどうか

こんばんは、キャリアアドバイザーの白木賀南子です。

今週はなんやかんや自分の形にしたいことなど、色々と考えていたら全く筆(キーボード)が進まなった白木でございます。今日は出版関係のセミナーを運営側として参加していたのですが、著者の方々がこれから作ろうとしているメディアの話しや懇親会でのちょっとスピリチュアルな話しを聴いていて思ったことがありました。

それは・・・

仕事って愛と感謝を表現する手段なのではないかなと。

愛と感謝ってなんだろう?

私の中で愛は、自分も他人も「ありのままを受け入れること」だと思っています。評価せず、正解を押し付けず、とにかくありのままを受け入れること。

そして、感謝は「ありのままでいられること、いてくれること」そのものに対して抱く気持ちが感謝なのかなと思っています。

この「ありのままを受け入れる」「ありのままの存在に感謝する」ということはけっこう高尚なことだなと思うのですが、息子が生まれて私はなんとなく肌で感じられるようになりました。

この子の存在そのものが愛と感謝に溢れていて、この子がありのまま、自分らしく健やかに育ってくれたら私はそれだけですごく幸せだなと感じるのです。

そして、こうやって自分も親にたくさんの愛をもらってここまで生きてきたのかと思うと、親に対する感謝や尊敬の気持ちが心の底から湧いてきます。

大人にとって仕事は愛と感謝を表現する手段

子どもから大人に成長したとしても、存在そのものが愛と感謝で溢れているということは変わりないと思うのですが、大人になるともう1つ「仕事」という形でこの愛と感謝を「他の人の役にたつ」形で自ら表現できるようになるのだと思いました。

 

そして、その表現の仕方は人それぞれ違います。誰かと全く一緒ということはありません。例え、同じ職業だとしても1人1人必ず違うはずです。それが個性であり、その人にしかない素晴らしい長所だと思います。

 

  • このうどんが食べられるのも、「美味しいうどんを作る」という仕事を選んでくれた人がいてくれたおかげ
  • この素敵な洋服が着られるのも、「オシャレな授乳服を作る」という仕事を選んでくれた人がいてくれたおかげ
  • この気づきをもらえたのも、「人にメッセージを伝える」という仕事を選んでくれた人がいてくれたおかげ

 

私は、みんな違って当たり前で、100人いたら100通りの愛と感謝の形があり、違うからこそ、多くの人の人生が人とのかかわりによって豊になっていくのだと感じます。何より、愛と感謝からくる仕事は人を惹きつけ、巻き込んでいくパワーを持っています

 

もし、今自分を誰かと比較して自信を失っていたり、仕事にやりがいを感じられなかったりするとしたら、ぜひ自分がその仕事を通じてどう愛と感謝を表現したいのか、どう他の人を喜ばせたいのかを考えてみたらいいのかな~と思います。

 

本当は、赤ちゃんみたいに、「あなたと会うだけで幸せ」「あなたと会うと元気が出る」ってなったら一番良いですね。その状態が「ありのまま自分」でいる状態なんじゃないかなと考えています。

私もそうありたい、もうちょっとな気がしています。

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法