ママが自分を大切にすると家族が幸せになる

こんにちは、キャリアアドバイザーの白木賀南子です。

お盆、そして終戦の日ですね。息子を連れてお墓参りに行きました。息子が生まれてなんとなくご先祖様がいてくれたから私もこの世に生まれ、息子を授かることができたんだなと思い、ご先祖様に感謝するようになりました。

私たちの祖父母の時代が頑張って働き、食べることに困らない生活ができるようになり、戦争や争いのない安全な社会を作り、物に不自由しない時代を築いてくれたから、今私たちは好きな仕事や好きな生活のスタイルを選択できるんですよね。

ところで、今日は家族で集まったので、なんとなく思いだした話しをお伝えしたいなと思います。「ママが幸せなら家族みんな幸せ」ということです。

ご主人は何のためにあなたと結婚したか

胎内記憶の池川先生の講演で、「旦那さんに何のために奥さんと結婚したのですか?と聞くと、なんていう答えが多かったと思いますか?」という質問がありました。

ちなみに、うちの主人に聞いたところ「2人だったら自然体いられるから」とのことでした。

皆さんのご主人はどうでしょうか?

けっこう、答えてくれないというか「わからない」という男性が多いようなのですが、何度も聞いていると「奥さんを笑顔にするため」という答えが多く出てくるそうです。

現状がどうかはさておき、結婚しようと思った時は、「奥さんを笑顔にしたい!」と思っていたのです。

つまり、あなたが笑顔でいれば、旦那さんの結婚の目的ははたされているということなんですよね。

赤ちゃんは何のためにママの元に来たか

胎内記憶の話しの中では、ママを自ら選んで赤ちゃんは生まれてくるといいます。ママを選ぶ理由は、顔が可愛い!優しそう!などが多いのですが、何のために生まれてきたかというと、「ママを笑顔にするため」という子が多いそうです。

もしかしたら、手がかかるし、言うこと聞かないし、もーーーー!!!!って思っているかもしれないですが、赤ちゃんも、「ママを笑顔にしたい!」と思っていたのですね。

つまり、あなたが笑顔でいれば、子どもの生まれてきた目的もはたされるということです。

ママが自分を大切にすることで家族も幸せに

そうなんです。ということは、ママが自分が笑顔でいられるように、自分のことを大切にすることは、結果的に家族を幸せにすることにつながるのです。

自分が好きな仕事、好きな趣味を諦めたり、自分のための時間を犠牲にして家事や育児だけに集中することは、家族のためと思うかもしれませんが、それで本当に自分が笑顔になれないのであれば、本当の意味では家族の幸せのためにはなっていません。

だから、ママこそ自分を大切にしてください。自分が笑顔でいられるように自分に投資してください。それが、結果的に家族の幸せになります。

女性の笑顔は波及効果があるので、自分らしく笑顔でいると、家族だけでなく、あなたと関わる人みんなが幸せになります。

ちょっと最近笑えてないな~と思ったら、自分の好きなことしちゃいましょう!罪悪感を感じる必要はないのです!家族の幸せのためだから(笑)

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法