仕事は夢ではなくなりたい自分への通過点

こんにちは、キャリアアドバイザーの白木賀南子です。

最近、たくさんの素晴らしい方たちと出逢う中で気づいたことがありました。

「あなたの夢はなんですか?」と子どもに聞くと「美容師になること」とか最近では「ユーチューバー」とか何かの仕事の回答が多いですよね。

私も「女性のキャリアを応援する仕事がしたい」とか「人の可能性を引き出す仕事がしたい」という感じで、どうしても仕事と夢を結び付けて考えてしまっていたのですが、実は夢って「こういう人になりたい」でいいんだ!ということに気づきました。

「なりたい自分」というビジョンがあって、仕事や勉強や趣味は全て手段。
このビジョンに向けってさえいれば、何をやってもいいし、仕事は1つの通過点だったりするのです。

 

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法