【無料ワークシート付】フリーランスの生き方はこれからの働く女性の味方

こんにちは、キャリアアドバイザーの白木賀南子です。
約10年サラリーマンだった私。新卒から仕事と趣味のフラメンコに没頭して過ぎ去った20代。30歳を前に「なにかやり残したことがあるのではないか?このままでいいのか?」と真剣に悩む時期がありました。そして、2年後に独立してフリーランスとして働くことにしました。
この記事を読んでくださっている皆さんは、もしかしたらこんな悩みや不安を持っていませんか?

  • 好きなことを仕事にしたいけど不安
  • フリーランスという生き方って実際どうなの?
  • メリットやデメリットは?
  • フリーランスの人の実態を知りたい
  • 自分にもできるか知りたい

私も会社員時代は、そもそも自分がフリーランスになれるなんて思ってもみませんでした。別にどうしてもやりたい仕事があったわけでもありません。でも、環境を変えないとダメだ!と思ったのがフリーランスになるきっかけでした。自分で経験して、振り返ってみると特に結婚や子育てと仕事を両立したい女性こそフリーランスは向いているなと思います。

もし今の生き方や働き方に悩んでいるなら選択肢の1つとして真剣に考えても良いのではないかということをお伝えしたいです。

なぜなら、祖父も父も大企業のサラリーマンだった家庭に育ち、自分も10年間サラリーマンをしていた私でもフリーランスになることができたのですから!

誰もインタビューしてくれる人がいないので、今回は自分で自分にインタビューしてみました(笑)

インタビュアー:白木賀南子
インタビュイー:白木賀南子
でお送りいたします!

“【無料ワークシート付】フリーランスの生き方はこれからの働く女性の味方” の続きを読む

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法

独立起業しようとして失敗する女性の3つのパターン

こんにちは、キャリアアドバイザーの白木賀南子です。

自分がもっと何か社会のためにできることがあるのではないか?自分はこんなところで終わる人間じゃない!もっと自己実現したい!と思って、独立・起業の道を選び女性は多いと思います。特に女性の場合は、「好きなことを仕事にしたい」「趣味を仕事にしたい」と思っている人が多いですが、そういった独立・起業願望を持った女性はほとんど失敗する3つの思考パターンを持っています。その注意点と解決策についてまとめてみました。

“独立起業しようとして失敗する女性の3つのパターン” の続きを読む

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法

【動画あり】キャリアや人生に悩んだら変えるべき3つのポイント

こんにちは、キャリアアドバイザーの白木賀南子です。

どんな人でも、自分の人生このままでいいのか?と悩む時があると思います。私もちょうど30歳くらいの時に、自分の人生について悩みが出てきました。

20代はなんとなく、目の前の仕事に集中し、出世や仕事での成果を意識していまし、成長も感じられたけど、30代が近づいてくるにつれ、なんとなくこのままでいいのかな~思い描いていた人生って別にあって、もっと視野を広げたり、多くの経験を積んだりしたいなと思い始めたのです。

そんな時に、意識して以下の3つを変えることで、人生が自分の思うように変化していきました。

  1. 自分の思考
  2. 自分が付き合う人
  3. 自分が触れる情報

この記事を読み終えると、皆さんのキャリアや人生に対する悩みが少し解決され、人生に小さな変化が起きてくるはずです。動画もぜひご覧ください!

“【動画あり】キャリアや人生に悩んだら変えるべき3つのポイント” の続きを読む

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法

アントレプレナーではなくアントレプレナーシップを育てる

こんにちは、キャリアアドバイザーの白木賀南子です。

先日、株式会社FROGSのCEO山崎さんのお話しを伺う機会を頂きました。

沖縄県内に住む学生を選抜して、シリコンバレーに派遣。そこで英語でプレゼンテーションをするなど、様々な体験を通じてアントレプレナーシップ・リーダーシップを育成してらっしゃいます。

お話の中で、「アントレプレナーではなく、アントレプレナーシップを育てている」という言葉がとても印象的でした。

全ての人が起業をしなければいけないわけではなく、就職してもいいし、実家の事業を継いでもいい。アントレプレナーシップ、つまり起業家の精神を育てることをしているとのことでした。

この考え方に私は心から賛成!という感じでした。

大切なのは「思考」

問題・課題に対して、新しい発想や創造意欲を持って取り組めむかどうか、チャレンジするかどうか。自分がこうしたいと思うことに対して素直に発言したり、行動することができるかどうか。そういった思考になっているかが重要なんだと思います。

これは、ある意味どんな環境にいても自分がそうしようと思えばできます。

今の時代、企業でも副業を認めていたり、在宅ワークなど多様な働き方を認めている会社も多くなってきました。自分が今いる会社で改善しようとチャレンジすることもできるし、自分がやりたいことが実現できる会社に転職することもできます。会社を辞めて起業することが誰にとっても良い!ということではないのです。

もし今の仕事に何か不満があり、悩みがあるのであれば、現状何が不満なのか、本当はどうしたいか、どうしたら実現できるかを、できるできないは置いておいて、一度整理してみると良いと思います。

しかし、FROGSで選抜された沖縄の子たちは、もともと英語ができるわけではなく、選抜されてから1ヵ月ちょっとの間に英語でプレゼンテーションできるように準備するそうです!すごい!子どもの頃のこの体験は、ものすごく貴重な体験だと思います。

全国展開されていくそうなので、私も今後の活動に注目していきたいと思います!

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法

仕事の人間関係の悩みへの対処方法

Designed by Freepik

こんにちは、キャリアアドバイザーの白木賀南子です。

仕事のストレスって色々あると思いますが、皆さんは何に一番ストレスを感じますか?

マンパワーグループの調査によると、女性の場合以下の順位になっていました。

  • 1位「上司との関係」(42.9%)
  • 2位「仕事内容」「給与・雇用形態」(いずれも27.6%)
  • 3位「同僚との関係」(24.4%)

参考URL:https://news.mynavi.jp/article/20161028-a396/

1位と3位を合わせると、67.3%が「人間関係」が原因となっています。

 

皆さんも人間関係に悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

お客様であれば多少仕方ないなと思って我慢できるでしょうが、本来は味方のはずの上司や同僚との関係が悪いというのは、けっこうなストレスですよね。

 

私も過去に同僚との人間関係に悩んだことがありました。社内だけではなく、結果的にお客様にも迷惑がかかってしまい、クレームに発展してしまいました。

(幸い、お客様がとても良い方で、期待を込めてクレームを言ってくださり、挽回のチャンスを頂けました。)

 

その時、私は、「後ろから刺された気分・・・」でした。なぜこういう結果になったかの調査やら、再発防止策の検討・改善策のミーティングやら、ただでさえスケジュールがカツカツだったのに、本来やるべき仕事以外の仕事がたくさん増えて、とってもストレスフルだったことを覚えています。

 

さて、前置きはこれくらいにして、ストレスフルな人間関係にどう対処したら良いかをまとめてみたいと思います。

エネルギーを与える人と吸い取る人

今、私の周りには、この人と会うといつも元気になるな~、前向きな気持ちになるな~という人がたくさんいます。私がそういう人に共通すると思う特徴はこんな感じです。

 

  • 仕事が好きで、努力をしている(でもその努力を自慢しない)
  • 人の過ちを責めず、どうしたらリカバリーできるかを考えている
  • 常にポジティブで、愚痴、文句、言い訳を言わない
  • 人と真剣に向き合い、相手への思いやりがある
  • 聴き上手で褒め上手
  • 偉そうにしていない、謙虚
  • 自分に自信がある
  • とにかく楽しそう
  • 笑顔が素敵

 

こういう人に私はエネルギーをもらうことができます。そして、自分もそうありたいなと思わせてくれます。

 

一方、ものすごい勢いでエネルギーを吸い取られ(そうにな)る人がいます。

 

常に、グチグチ、文句のオンパレード。人を見下したような言い方をしたり、何か自分が思っていたことと違うことが起きると、人を責めたり、文句を言ったりしている人です。

さて、こういう人からエネルギーを吸い取られないようにするにはどうしたら良いのでしょうか?

エネルギーを吸い取る人は相手にしない

正直、エネルギーを吸い取る人と一緒にいるメリットは一切ありません。もし、そういう人と一緒にいなければならない環境なのであれば、1分1秒でも関わらないほうが良いので、今すぐ辞めちゃえ!と思いますが、そうもいかない・・・ですよね。

 

エネルギーを吸い取る人は、相手にしないことです。

 

コミュニケーションはよく、キャッチボールに例えられます。相手と自分の間で、相互にボールを投げ合うわけですが、エネルギーを吸い取る人は、とにかくこちらがどこにグローブを構えているかなんてお構いなしに、超剛速球を暴投して、それを全部取れ!と思っている人なんですよね。

 

それを全部ちゃんと受け止めていたら、こちらのエネルギーがなくなるのは当たり前です。

 

相手が何か理不尽なことや文句を言ってきたら、すっとそれを受け流すのが得策です。律儀に全部ちゃんと答える必要はありません。そういう人は特に感情的になりやすいので、こちらが正論で答えると、逆上して余計面倒くさいことになる可能性があります。

 

受け答えだけでなく、その人と戦ってしまうと、更にエネルギーを消耗するので絶対にしないこと!

 

相手があなたに浴びせている言葉は、そのまま発信しているその人自身にもはね返っていますので、いずれ自滅していくはずです。自分の手を汚さずに待ちましょう。ふふふ

ムカつき感情が抑えられない時の対処法

私もついついカッとなって、ぶわーーっと思いをぶちまけてしまいそうになる時があります。皆さんもありますよね?そんな時は、こんな対処方法はいかがでしょうか?

 

  1. 頭の中にエアガンを思い浮かべます。(エアエアガンです(笑))
  2. ムカつく相手に向かっていっぱい打ちます。(あくまで頭の中でですよ~)
  3. 相手がイテテテテテとなっている様子を思い浮かべます。(ざまぁみろという表情が顔に出さないように注意)

 

というのは、半分冗談ですが、このように一回自分の感情を処理する必要があります。一度発生した感情を無理に抑え込もうとすると、それもまたストレスであり、自分ばっかり我慢していると思うと、益々ストレスになります。

 

なので、一度どんな方法でもいいので、あなたの中に発生してしまったムカつく!という感情を完了させてあげてください

そうすれば、スッキリと次に進むことができます。

 

私もけっこう頭の中でずーっとグルグル考えてしまう癖があったのですが、最近はこうやってコントロールできるようになりました。

いつでも辞められると思っていることが大事

ちなみに、仕事を辞めても大丈夫!仕事を辞めても死なない!お金は他の仕事でも稼げる!と思っていることも大事です。

「仕事を辞める=お金がなくなる=死ぬ」というロジックが頭の中にある人は、ぜひ一度リセットし、「お金はなくても生きていられる」とインプットし直してください。

お金があった方が、自分の理想の生活はできますが、なくても死にはしません。

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法

会社がつまらないのは自分自身がつまらないから!(汗)

こんにちは、一眼レフカメラを衝動買いしてしまいました、キャリアアドバイザーの白木賀南子です。

私が好きな芸能人の1人が所ジョージさんなのですが、先日久しぶりにテレビで所さんが司会ではなく、インタビューされる側で出ている番組を見ました。

世田谷ベースという所さんの趣味やアイディアをそのまま形にしたご自宅でお話しされている中で、ハッとさせられたのがタイトルにも書いた言葉でした。

もし今、会社つまらないな~とか、仕事つまらないな~と思っている人はぜひ読んでみてください。

会社がつまらないんじゃない、自分がつまらないんだ

会社がつまらない、仕事がつまらない、毎日同じことの繰り返し・・・

 

でも、同じ会社に行っていて、同じ仕事をしていても、楽しそうにしている人っていませんか?

 

その人たちは、自分と同じかと思いきや実は、違うのです。

 

毎日同じことの繰り返し・・・ではないんです!

 

所さんは言いました。会社ではなく、「ルーティーンがつまらないんだよね。」

 

そう、ルーティーン、つまり同じことの繰り返しがつまらない。

 

実は、会社も仕事も悪くないのです。実は、面白くないのは自分・・・

面白くするにはどうしたらよいのか

では、ルーティーンを面白くするにはどうしたら良いのでしょうか?

それは、ルーティーンでなくすれば良いのです。

 

毎日同じにならないためには、自分で面白くするアイディアが必要です。

 

所さんは、こんな例を出していました。

 

「今日は靴下を片方しか履いていかないとかね。それで、1日誰にも気づかれないように過ごすとかね!」

 

私は、なんじゃその小学生みたいな発想は!!(笑)と思いましたが、これ、とっても大事なことだなと思いました。

 

毎日同じことの繰り返しでなくすればよいのですから、そんなに大それた事をしなくても良いのです。

 

ついつい、今日は早起きして1駅歩こうとか、今日は通勤中に本を読むぞ!とかちょっと大きな変化を起こそうとしがちですよね。

 

でも、そういったちょっとハードル高めな目標はなかなか続きません。そして、またルーティーンな日々に逆戻り。

 

この所さんの発想!靴下を片方履かないなんて、もうその行為を行った時点で繰り返しから脱しているわけですから、すごい破壊力です。

 

くだらない!って思うかもしれませんが、毎日つまんないな~と思って過ごすのと、自分で勝手に片足素足ってバレないかな~とニヤニヤして過ごすの、どちらが良いでしょうか?(笑)

自分の行動や環境を意識的に変える

ネガティブなことを言っていても、何も変わりません。自分の思考を変えて、ポジティブに考えるのが一番ですが、なかなか思考を意識的に変えるのは難しいものです。

そういう時は、行動や環境を変えましょう!

 

私は、会社員時代もけっこう寄り道をしたり、ランチに行ったことのないお店を探索したり、社内で先輩たちと持ち寄りランチ会を企画してみたり、けっこう楽しんでいた方だと思いますが、独立してからは、あえて意識しなくても同じことの繰り返しという日はなく、毎日新しい発見や違う刺激があります。

最初は不安もありましたが、働く環境を変えて良かったなと思っています。

一度きりの人生、つまらない日を過ごすなんてもったいない!!
ぜひ自分で面白いアイディアを実践して、楽しい毎日を送ってください。

本当に所さん楽しそうですよね~うらやましい。私の憧れです(笑)

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法

やってわかった!独立起業に向いている女性の3つの特徴

Designed by Freepik

こんにちは、キャリアアドバイザーの白木賀南子です。

独立しようか迷っているとしたら、恐らく自分は独立に向いていないのではないか?という不安が原因の1つにあると思います。私も、新卒から役10年間、1つの会社にずっと勤めていて、自分の実力が外で通用するのか?ましてや、起業なんてできるのか?ととても不安でした。この不安を抱いているうちは、まだあなたは起業に向いていないかもしれません。

また、「今いる環境が嫌だから、会社を辞めて独立したい」「今の仕事が面白くないから、独立したらもっと面白い仕事ができるのではないか」といった理由で独立を考えているとしたら、転職をするか、同じ会社の中で別の部署に異動願いを出すなど、会社を辞める以外で自分の置かれた環境を変える選択をしたほうが良いと思います。

今回は、私が出会ってきた女性や自分自身の経験を交えながら、独立に向いていると思う女性の特徴をまとめてみました。独立・起業への不安はどうしたら取り除けるのか?ぜひ迷っている人は、参考にしてください。 “やってわかった!独立起業に向いている女性の3つの特徴” の続きを読む

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法