【無料ワークシート付】フリーランスの生き方はこれからの働く女性の味方

こんにちは、キャリアアドバイザーの白木賀南子です。
約10年サラリーマンだった私。新卒から仕事と趣味のフラメンコに没頭して過ぎ去った20代。30歳を前に「なにかやり残したことがあるのではないか?このままでいいのか?」と真剣に悩む時期がありました。そして、2年後に独立してフリーランスとして働くことにしました。
この記事を読んでくださっている皆さんは、もしかしたらこんな悩みや不安を持っていませんか?

  • 好きなことを仕事にしたいけど不安
  • フリーランスという生き方って実際どうなの?
  • メリットやデメリットは?
  • フリーランスの人の実態を知りたい
  • 自分にもできるか知りたい

私も会社員時代は、そもそも自分がフリーランスになれるなんて思ってもみませんでした。別にどうしてもやりたい仕事があったわけでもありません。でも、環境を変えないとダメだ!と思ったのがフリーランスになるきっかけでした。自分で経験して、振り返ってみると特に結婚や子育てと仕事を両立したい女性こそフリーランスは向いているなと思います。

もし今の生き方や働き方に悩んでいるなら選択肢の1つとして真剣に考えても良いのではないかということをお伝えしたいです。

なぜなら、祖父も父も大企業のサラリーマンだった家庭に育ち、自分も10年間サラリーマンをしていた私でもフリーランスになることができたのですから!

誰もインタビューしてくれる人がいないので、今回は自分で自分にインタビューしてみました(笑)

インタビュアー:白木賀南子
インタビュイー:白木賀南子
でお送りいたします!

“【無料ワークシート付】フリーランスの生き方はこれからの働く女性の味方” の続きを読む

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法

【動画あり】女性の独立起業にオススメの仕事や資格とは?

こんにちは、キャリアアドバイザーの白木賀南子です。

最近では、会社を辞めて独立する女性が増えていると思いますが、独立するにはどんな仕事があって、どんな資格が必要なのか気になりませんか?

ここでは「独立する=会社員として組織の中で仕事をするのではなく、自分で仕事をすること」ということで、会社を設立しなくても、フリーランスや個人事業主も独立と考えて書いていきます。

昔、会社という組織が存在しなかった時代は、個人商店などみんな個人で商売をしていました。会社員という職業が誕生したのは、実は最近のことであり、必ずしも会社で働くことが義務なわけではありません。あくまで、働き方の1つです。なんとなく、大学を卒業したら就職活動して会社員になるという流れが一般的になってきており、私も学生時代は、会社員になるのが当たり前だと思っていました。独立したいと思っている方に向けたメッセージをさくっと知りたい方は、動画もぜひご覧ください。

“【動画あり】女性の独立起業にオススメの仕事や資格とは?” の続きを読む

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法

フリーランスとして働く人の資質

フリーランスの資質


会社を辞めてフリーランスになったら良いのでは?と思うタイプの人とは、こんな人じゃないかと思います。

  • 自分でやりたいことがある人
  • アイディアを実現しようと行動に移せる人
  • 他人のせいにせず、自己責任だと思える人
  • (自宅で仕事がしたいなら)パソコンスキルがある人

これらを満たしていたら、楽しくフリーランスの仕事ができるかもしれません。

最近の転職サイトのCMで「条件は、今よりいい会社。」なんていうキャッチコピーが
あったりしますが、そもそも「いい会社」って何ですか?

当たり前ですが、「いい会社」の条件は、人それぞれ違います。
いい会社の条件が自分で明確になっていないのであれば、転職や退職はしないほうが良いと思います。

でも、会社に求める条件の前に、
「あなたが本当にやりたいことは何ですか?」
「あなたにとって一番大切なものは何ですか?」

お金?家族との時間?趣味?仕事?

その一番大切なものを大切にできる働き方、
本当にやりたいことができる場所を選べばいいと思います。
それは、もしかしたら会社に限らないかもしれません。

すべては自分で選択できる。
○○できない、○○しなければならないなんて本当はない。
自分にできないことは、そもそもアイディアとして頭に浮かばない。

実験は、まだまだ続きます。

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法

独立・起業を応援して背中を押してくれる人の存在

会社を辞めると決めてもなかなか行動できない自分

一旦、私の中で「会社員を辞める」「会社に通うのを辞める」という考えはまとまったものの、実際に実行に移す決断をする勇気というのはなかなか湧かないものです。

だって、10年間も働いてきた会社を辞めて、明日からフリーランスです!ってものすごい変化が待ち受けているわけです。

人はやはり変化を嫌います。

だって、面倒くさいですもんね。
新しいことをするのは、自分の生活リズム、パターンが崩れるから嫌だ。
うまくいかないかもしれないという不安が悶々とあるわけです。

独立・起業を応援して背中を押してくれる人の存在

そんな時に必要なのは、良き相談相手です。

自分の話しをフラットに偏見なく聞いてくれて、そして自分が本当にどうしたいかを理解してくれた上で、最後に背中をポンと押してくれる人。

実際、自分の中では決まっているんですよね。
でもそれを認めたくないというか、知りたくないというか、
色々な不安から本当の願望を隠してしまっている。

 

信頼する誰かに話しを聞いてもらうと、
自然と自分の中の「本当はどうしたい?」が出てきます。

 

私の場合は、当時MBAの研修で出逢った勉強仲間の男性(今の主人です!)にずっと相談をしていて、最後「賀南子ちゃんは、会社を辞めたらって言ってほしいんだね。辞めたら?」と言ってもらい、ようやく決断することができました。

今振り返ってみると、本当にウジウジと優柔不断なことを色々言っていましたが、根気良く聞いてくれていたな~と感謝しています。

会社員を辞めていいことばかりではありませんが、それはそれで「自分で選んでいる」ので、努力もできますし、乗り越えるためにどうするかというアイディアや行動も自然と出てきます。

2017年の7月に子どもが産まれて、10月から仕事を再開しましたが、独立・起業して良かったな、幸せだな~としみじみ思います。

迷っているならぜひ、あなたの話しをしっかり聴いてくれて、あなたの可能性を引き出してくれる人に相談してみてください。

独立や起業を考えている方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

私も独立できる?独立起業に向いている女性の特徴

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法

家族や子どもともっと自由に時間を過ごしたい

家族や子どもともっと自由に時間を過ごしたい


家族や子どもとの時間を自由に持ちたいと考えたのは、私の母が専業主婦で小さいころずっと家にいてくれて、逆に帰っていなかった時にものすごく寂しい思いをしたことを覚えているからだと思います。

私もできる限り子どもの側にいてあげたいから、保育園に入れずに家で育てられないか。その一方で、仕事もしたい。保育園に入れずに仕事をするなんて、昔の私なら絶対無理でしょ!とあきらめるところですが、この頃、本を読んだり、セミナーに参加したり、自分の思考パターンを変えようとしていたので、結論として実現できるとしたら在宅で仕事ができるような仕組みにするしかありませんでした。

つまり、ここでも会社に通うという形ではなく、自宅や外で仕事ができる「場所を問わない働き方」を選ぶことになりました。

ちなみに、時間の自由と言えば、土日祝日はどこもかしこも混んでいるし、旅行行くにも料金は高いですが、平日に行くと、見事に空いているし、安い!あと、役所・銀行・病院に行く日にちを迷いません(笑)

あと、会社に同じ時間に通わないということは、満員電車に乗る必要がないのです!!
満員電車って今思うと、「人の生気を吸い取る悪の乗り物」です。
私は、小田急線や銀座線の8時代に乗っていたので、めちゃくちゃ混みました・・・
特に、台風など天候の悪い時に遅延した小田急線が最悪で・・・
って満員電車の愚痴を書きだしたら、悲しい、怒りのエピソードも含め何記事も書けます。
思い出したくないので、ここで終わりです。

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法

もっとクリエイティブな仕事をしたい

クリエイティブな仕事をしてみたい


会社を辞めたのは、3年前の10月だったので32歳の時でした。
ITの会社に勤めていたのですが、会社は急成長していて、入社当時は300名くらいの規模だった会社が、辞める頃には1000人規模になっていました。

会社とは、大きくなればなるほど、分業体制を取っていくものです。分業するということは、より多くの人が携わるため、ルールも作って行かなければいけませんし、承認を取ったり、会議で賛否を問うたり、けっこう面倒くさくなるものです。
そして、年次が上がるとプレイヤーとして現場に出るよりも、管理職としてチームやプロジェクトを管理する立場になります。

だんだん自分で考えて何かを実現する仕事から、ルーティーンワーク的なことに業務内容が変わってきて、会社が大きくなれば自分のアイディアや判断でできることも少なくなっていきます。

私は、色々自分で興味のあることにアイディアを出してチャレンジしたいタイプなので、
残念ながら管理する立場というのに全くワクワクしませんでした・・・

じゃあ、他の会社に転職すればよかったのにと言われかもしれませんが、結局他の会社に転職しても同じことの繰り返しであり、サラリーマンである限り、管理して管理されるピラミッド組織の中で働くという形に変わりはなく、自分の興味に従ってクリエイティブな仕事をするのは難しいと判断しました。

つまり、会社を辞めるというより、会社員を辞めるということに行きついたのでした。

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法

10年勤めた会社を辞めてフリーランスとして働くという選択

人生は新しい経験の連続だ
だから、好奇心から湧き出てきたアイディアにチャレンジしてみる
それは1つの実験であり、成功するかはやってみないとわからない
できないことは、その人の前には現れないらしい
なぜなら、できないことはその人の目には留まらないから
こうしたい、でもこうしたらどうなるかは、やってみないとわからない
やらない後悔より、やった後悔のほうがスッキリする
やらなかった後悔は、いつまでもまとわりつく

私は、自分の人生におけるチャレンジを実験と称してタグ(分類)付けしてみることにしました。そして、その中で気づいたことや感じたことを素直に文章にしてみようと思います。アウトプットすることで自分の記録になるし、たまたま読んでいただいた方にとっても何かヒントになって喜んでもらえたら嬉しいです。

会社を辞めてみた理由


ここ数年で一番大きなチャレンジって何だったっけ?と振り返ってみて思い出されるのは、『会社を辞めてみた』ということですね。

2年前に、新卒から約10年勤めた会社を辞めてフリーランスになりました。
果たして、フリーランスとしてやっていけるのか!!?と思いましたが、今のところ実験の結果は、YESで、やっていけています。

もしかしたら、多くの人からしたら勿体ない!!って思われるような退職だったかもしれません。

  • 正社員だったし
  • お給料も毎年(少しだけど)上がっていたし人
  • 社長や上司は尊敬できたし
  • 一緒に働く人は素敵な人が多かったし
  • お客様も上場企業や外資系で立派だったし
  • オフィスは東京都内の一等地に

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法