10年勤めた会社を辞めてフリーランスとして働くという選択

人生は新しい経験の連続だ
だから、好奇心から湧き出てきたアイディアにチャレンジしてみる
それは1つの実験であり、成功するかはやってみないとわからない
できないことは、その人の前には現れないらしい
なぜなら、できないことはその人の目には留まらないから
こうしたい、でもこうしたらどうなるかは、やってみないとわからない
やらない後悔より、やった後悔のほうがスッキリする
やらなかった後悔は、いつまでもまとわりつく

私は、自分の人生におけるチャレンジを実験と称してタグ(分類)付けしてみることにしました。そして、その中で気づいたことや感じたことを素直に文章にしてみようと思います。アウトプットすることで自分の記録になるし、たまたま読んでいただいた方にとっても何かヒントになって喜んでもらえたら嬉しいです。

会社を辞めてみた理由


ここ数年で一番大きなチャレンジって何だったっけ?と振り返ってみて思い出されるのは、『会社を辞めてみた』ということですね。

2年前に、新卒から約10年勤めた会社を辞めてフリーランスになりました。
果たして、フリーランスとしてやっていけるのか!!?と思いましたが、今のところ実験の結果は、YESで、やっていけています。

もしかしたら、多くの人からしたら勿体ない!!って思われるような退職だったかもしれません。

  • 正社員だったし
  • お給料も毎年(少しだけど)上がっていたし人
  • 社長や上司は尊敬できたし
  • 一緒に働く人は素敵な人が多かったし
  • お客様も上場企業や外資系で立派だったし
  • オフィスは東京都内の一等地に

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法