独立・起業を応援して背中を押してくれる人の存在

会社を辞めると決めてもなかなか行動できない自分

一旦、私の中で「会社員を辞める」「会社に通うのを辞める」という考えはまとまったものの、実際に実行に移す決断をする勇気というのはなかなか湧かないものです。

だって、10年間も働いてきた会社を辞めて、明日からフリーランスです!ってものすごい変化が待ち受けているわけです。

人はやはり変化を嫌います。

だって、面倒くさいですもんね。
新しいことをするのは、自分の生活リズム、パターンが崩れるから嫌だ。
うまくいかないかもしれないという不安が悶々とあるわけです。

独立・起業を応援して背中を押してくれる人の存在

そんな時に必要なのは、良き相談相手です。

自分の話しをフラットに偏見なく聞いてくれて、そして自分が本当にどうしたいかを理解してくれた上で、最後に背中をポンと押してくれる人。

実際、自分の中では決まっているんですよね。
でもそれを認めたくないというか、知りたくないというか、
色々な不安から本当の願望を隠してしまっている。

 

信頼する誰かに話しを聞いてもらうと、
自然と自分の中の「本当はどうしたい?」が出てきます。

 

私の場合は、当時MBAの研修で出逢った勉強仲間の男性(今の主人です!)にずっと相談をしていて、最後「賀南子ちゃんは、会社を辞めたらって言ってほしいんだね。辞めたら?」と言ってもらい、ようやく決断することができました。

今振り返ってみると、本当にウジウジと優柔不断なことを色々言っていましたが、根気良く聞いてくれていたな~と感謝しています。

会社員を辞めていいことばかりではありませんが、それはそれで「自分で選んでいる」ので、努力もできますし、乗り越えるためにどうするかというアイディアや行動も自然と出てきます。

2017年の7月に子どもが産まれて、10月から仕事を再開しましたが、独立・起業して良かったな、幸せだな~としみじみ思います。

迷っているならぜひ、あなたの話しをしっかり聴いてくれて、あなたの可能性を引き出してくれる人に相談してみてください。

独立や起業を考えている方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

私も独立できる?独立起業に向いている女性の特徴

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法