フリーランスがすべての人にとって良い選択肢とは言えない

こんにちは、キャリアアドバイザーの白木賀南子です。
ステップメールの作成プロセスを日々アップしていこうと決めて2日目です。
フリーランスとして仕事をしていくことに関して私が考えている基本的なポイントは、フリーランスが必ずしも自分の求めているライフスタイルに合わないのであればそれは選択しない方が良いと言うことです。
[vkExUnit_ad area=more]

今使っているスケジュール帳がMonthlyとWeekly同時に見れて便利!案件いくつかあると管理が重要なのでオススメです。

フリーランスになる前に1番大事だと思っていること

私が1番大事だと思っている事は、自分がどどんなライフスタイルを送りたいのか、どんな人になりたいのか、どんな働き方をしていきたいのかという価値観を明確にすることです。
私の場合は、最終的に(というよりまだ自分のキャリアの途中だと思っていますが)自分が目指す理想の状態にフリーランスという働き方がたまたまマッチしたのであって、もしかしたら全然合わないという人もいると思っています。
会社員で自分の理想が叶うならそれで良いですし、そういう人はそんな素敵な会社に出逢えたことが幸運であり感謝ですし、フリーランスでやりたいならそれも良し。起業して社員を雇って会社を大きく、事業拡大もしていきたいならそれももちろん素敵なことですよね。
今日お客様先に行って思いました。ある程度成果を出していったら自分で給与を決められる、社員の自己実現を目指している、自分がやりたいプロジェクトがあれば会社がそれに投資してくれる。そんな会社があるんですよ!だから、探せばそういう会社とご縁があるものです。

自分ともっと向き合ってほしい

だからこそ、まずは自分の価値観を明確にしてほしい。それを今回のステップメールには、どうやって明確にするのかという具体的なところも入れてご紹介したいと考えています。
自分を知ること、自分と向き合うこと、自分について誰かに話すことって意外とやっていないものです。会社辞める前に、まずは自分のことを整理してほしいです。
今日はここまで!