接客で輝いている店員さんはオフィスでも仕事ができるのはなぜか?

こんにちは、妊娠7か月になって腰の痛みに苦しむ白木賀南子です。前から思っていたし、みんなそう思っていると思いますが、やっぱり接客のいいお店は気持ちがいいですよね。

今日は、接客で輝いている店員さんは会社で仕事するようになった時にオフィスでも仕事ができる場合が多い!というお話しです。かつて会社の採用面接していた時とか私はけっこうアルバイトでどんなことをしていたか、その時にどういうことを気にかけていたか聞いていました。

仕事って結局全部サービス業だよな~という点も含め、お伝えしたいと思います。

妊婦がカフェに行った時の出来事

近くによく行くカフェがあります。そこは2階席もあるカフェで、私は2階の方が落ち着くので仕事をするときは2階を選びます。分煙になっていて、喫煙ルームがあるのですが、ちゃんと密閉された空間で仕切られているので匂いは基本的に気になりません。

もうお腹もだいぶ目立ち始めてから、久々にカフェに行きました。「1階と2階どちらがいいですか?」と言われたので、いつも通り2階を選択。1階と2階はマイクでやり取りをしていて、階段を上がったところで2階の店員さんに言われたのが「喫煙席しか空いていないのですが、よろしいですか?」と言われました。

即答です。嫌です。

ということで1階へまた階段を下りて入口のドアの目の前の席に案内されました。

やっぱりお客さんの様子を見て配慮できるかどうかって大事だなって思うんです。

“妊婦さんだから喫煙ルームはダメだろうな。今喫煙しか空いてないから1階の席をご案内しようかな。入口の近くは寒いだろうから狭いけど奥の席も案内してどちらがいいか選択してもらおうかな?”

と思って対応できたらとっても良いんだけどな・・・と思ったりしました。アルバイトだからしょうがないとも思うけど、アルバイト時代からこういうことを考えて仕事をしている人は社会人として仕事をするときにも仕事できるな~と周りから評価されます。

うちの父が行きつけの寿司屋で採用した話し

うちの父が昔教えてくれたのが寿司屋ですごくいい人を採用した話し。銀座の行きつけのお寿司屋さんで、めちゃくちゃ接客が良くて輝いていた女性がいたそうなんです。

就職先を探しているか聞いたら考えているということだったので、もちろん大将の了承も得て彼女を自分の会社で採用することにしました。

もちろんオフィス仕事は初めてだったようですが、思っていた通り覚えたらテキパキと仕事をしてくれて大変助かったようでした。

サービス業で大事なこと

大事なのはコミュニケーションだと思います。相手を思いやり、お客様の状況を想像できること、気づけること、そして適切な対応ができること。

例えばレストランに入ったら、まず飲み物が欲しいですよね。

でも飲み物と料理を同時に注文したら、飲み物が来る前にどんどん料理が運ばれてきてしまった。

しかも、冷菜からではなくいきなりシメ!

もちろん、高級店に行ったらこんなことはないですが、普通のお店でも提供の順序や注文されたメニューがちゃんと来ているか?といったことに気づけるかどうかは大事ですよね。

また、準備や片付けも段取りを考えて効率的にできるかどうか。これも、そのあとのことを想像する力が大事です。

全ての仕事はサービス業なんだと思う

一人きりで仕事をしている人はいないと思うんです。だから常に誰かとコミュニケーションをとりながら仕事をしているはずです。

お客様はもちろん、一緒に仕事をしている人たち。

そこには、思いやりや想像力が必要になります。サービス業は目の前にお客様がいるので、そこが顕著ですが、他の仕事も全て同じだと私は思います。

採用で困っている方はうちの父のようにお店で輝いている店員さんに声をかけてみるのもありかもしれませんよ(笑)

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法