女性が男性に頼ることでいい人から紳士に成長する

こんにちは、キャリアアドバイザーの白木賀南子です。

今日は、1つの英単語から日本人男性の特徴、更に女性のコミュニケーション術まで話しを飛躍させた投稿になってしまいました!

 

皆さん、″chivalrous″という単語をご存知ですか?

 

ニューヨークの友人が日本に来ていたので息子と一緒にベビーカーで電車に乗ったのですが、混雑した電車の中で誰も席やベビーカーが置ける端のスペースを譲ってくれることはありませんでした。

 

その時に友人が「なぜ誰も妊婦さんや赤ちゃん連れの女性に席を譲ってくれないの?ニューヨークなら誰でも譲るし、ベビーカーを運ぶのも手伝ってくれる。日本人の男性は″chivalrous″じゃないよね。」と言っていました。

 

さて、″chivalrous″とはどういう意味の単語なのでしょうか?

 

私も初めて聴いたので調べてみたところ、騎士道の精神から「婦人に対して丁重な」という意味があるそうです。

 

アメリカと比較すると確かにそうかもな~と思い、幼少期のことを思い出しました。

小学生の時から紳士的なアメリカ男子

小学生の時に、私はアメリカの公立小学校から日本の公立小学校に転校してきました。その時に、男子生徒の態度の違いにはかなりショックを受けた記憶があります。若干のトラウマでもありました…

 

アメリカ男子は、小さい時からレディーファーストの精神が根付いているからか、女子に道や順番を譲ってくれて、困っている時は「手伝おうか?」という一言を普通に言ってくれるような環境でした。

 

私にとってはこれが当たり前だったのですが、日本に戻ってきたら全然違うのでした・・・

 

男子は、ぶっきらぼうで、言葉も汚く、女子をイジメたり、私からするとなぜそういう態度をとるのか理解不能で、ただただ怖い存在・・・で、溶け込むまでにけっこう時間がかかりました。

 

ある時なんて、「お前のことなんか好きじゃねーよ」って図書室で本投げられましたからね。。。他の子に、「好きな子にはちょっかいを出すんだよ~」と言われましたが、おいおい、コミュニケーションの取り方が下手すぎだろ!という感じでした。

 

でも、日本人の男性は真面目でいい人が多いと思います。では、niceなのとchivalrousなのは何が違うのでしょうか?

日本人男性はいい人が多いけど紳士は少ない

私の中の定義はこうです。

  • いい人  =女性に頼まれたら手を貸してくれる人
  • 紳士的な人=女性に頼まれる前に自ら手を貸してくれる人

紳士的な人は、周りをよく観察していて、人が困っていたらさっと手を差し伸べてくれます。

アメリカの子が小学生のころから紳士的なのは、親の影響だと思います。

 

子は親の習慣を見て育ちます。父親が母親に対して、レディーファーストで接していたり、おでかけする時に他人を手助けしてあげていたら、それがその子にとっては当たり前の行動になるのです。

 

なので、今から自分の日本人の彼氏や旦那さん、ましてや見知らぬ男性に急にこの紳士的な態度を求めても無理なのです。勝手に求めて、できないからって彼を責めたり、批判しても何も始まりません。(もちろん、日本人男性でも紳士的な方はいますが)

女性のコミュニケーション次第で紳士になれる

日本人男性はいい人!なので、女性側が遠慮せずに頼んでしまえばいいのです。

そうすれば、男性も嫌とは言わず、ちゃんと手伝ってくれます。

 

前の会社で、ウォーターサーバーの水がなくなってしまい交換が必要になった時がありました。あの12リットルくらいある重たい水のボトルは、女性にとってはけっこうヘビー。1人の時は、頑張って変えたりもしていたのですが、その時は私の後ろに男性社員が1人並んでいました。

 

私は、ウォーターサーバーの新しいボトルのラベルをはずしながら「なんでこの人はぼーっと私が変えるのを見ているんだ!!!」と若干の怒りがこみ上げてきたものの、「すみません、ちょっと重たいのでお願いできますか?」と聞いてみました。

 

そうしたら、「あ、はい。」といって、ひょいとボトルを持ち上げてボトルを交換してくれました。

 

やっぱり男性って力あるな~うらやましい~と思いながら、「ありがとうございます!」と伝えたら、照れ臭そうに笑っていました。

 

自分でできるのに頼むなんて!と思う人もいるかもしれませんが、そこできちんと「ありがとうございます!」と笑顔で感謝の言葉を伝えれば、コミュニケーションも取れますし、笑顔も増えますし、更にその男性の中に「人の役に立って感謝された」というポジティブな感情が蓄積されます。

 

ポジティブ感情が蓄積されていけば、その感情を得ることは良い気持ちになれることなので、その人はボーっと見ている人から、自ら手を貸せる人になっていくはずです。

 

すごーく長い道のりかもしれませんが、女性が男性に頼ることで、少しずつただのいい人から紳士へ成長していくのです!

 

こう考えたら、大変な時に助けを求めることは悪いことではないですよね。

特に子育て中のお母さんは人の手を借りてなんぼ!私もベビーカー持ち上げるのは人にお願いしちゃいます。

 

そして、自分の息子を紳士に育てるには、主人が私を丁重に扱ってくれている姿を見せてあげなければなりませんね~。荷物は基本的に持ってもらいますし、気付いてくれない時は、お願いしまーすと渡しちゃいます。

 

日本人の女性は真面目で責任感が強いので、自分で頑張らなきゃ!って思いがち(まさに私のようなタイプ!)ですが、上手く人に頼るコミュニケーションを意識して楽して楽しく子育て&お仕事をしていきましょう(笑)

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法