育児と仕事の両立を助けるストレス発散方法

こんにちは、キャリアアドバイザーの白木賀南子です。

日々の家事に育児に加えて仕事まで、両立させるのは大変だし、絶対に無理だと悩んでいませんか?

特に日本の女性は自分を犠牲にして頑張ってしまう風潮があり、完璧にこなさなければダメだと自分を追い込んでしまう人が多いですよね。

ただ、そうやって追い込んで頑張れば頑張るほど、育児と仕事の両立ってうまくいかないものなんですよね。

なぜなら、ママだって1人の人間。スーパーマンでもなんでもありません。なので、もし悩んでいる人がいるとしたら、今から「頑張らなきゃいけない!」という思いを捨てて、一回肩の力を抜いてみましょう!!

「頑張らなきゃいけない」という考えを捨てるだけで、今まで感じていたプレッシャーやストレスからすっと解放されます。

この記事では、私が育児と仕事をストレスなく両立させるために心がけたことをご紹介します。

この記事を読み終える頃には、気持ちが晴れやかになって、きっと育児と仕事の両立がもっと楽にできるようになっているはずです。

やらなくても大丈夫

頑張らなきゃ!と思っている人の多くは、自分のことよりも「他人」のことを優先していることが多いです。

子供のために、夫のために、家族のために、会社のために頑張らなきゃ・・・

私が頑張らないと周りに迷惑がかかる・・・

でも、人のために頑張らなきゃと思っていると、ストレスがものすごくたまる上に、失敗やミスをしてしまった自分を責め、また余計にストレスが溜まる悪循環に陥りがちです。

実際、ストレスがなく心が平和な状態でいるいたほうが、人のパフォーマンスはよくなるものです。

もし、今自分が頑張りすぎてストレスを感じているとしたら、一旦頑張るのをやめましょう!

  • 仕事はいつ辞めても大丈夫!
  • 洗濯物がたまってても大丈夫!
  • 子どものご飯が残り物だって大丈夫!

絶対にやらなければいけないことなんてほとんどありません。辛くなったら、「辞めても、やらなくても大丈夫だ」ということを思い出してください。

手抜き育児をしよう

私は子育てで一番大事なことは、「ママが笑顔で子どもを抱きしめてあげられること」だと思っています。

ついつい、家事が終わっていないと子どもが「ママ~!」って呼んでいても、「ちょっと待ってて!一人で遊んでて!」なんて言ってしまいがちなのですが、子どもはママにかまってほしいし、ママに愛されているということを示してほしいんですよね。

そして、「完璧な育児」なんていうものはないと思います。育児書通りに全部やろうとしたら、食事の用意だけでもものすごく大変ですよね。

私はとにかくいかに「手を抜くか」を考えています。聞こえは悪いですが、それくらいの気持ちでやらないとできないんですよね。恐らくこの記事を読んでいるあなたも根は真面目で責任感のある人だと思いますので、「手抜き育児をする」くらいに思っていたほうがちょうど良いはずです!

  • 本を読んであげなきゃ・・・
  • テレビを見せたらだめだ・・・
  • 食事はちゃんと手作りしないと・・・
  • 早くお風呂に入れて寝かさなきゃ・・・

全部一回脇に置いて、お子さんを笑顔でぎゅーーー!!とハグしてあげましょう!!

手抜き家事をしよう

またまた手抜きっていう言葉を使ってますが、本当に家事ほどママ以外の人がやっても、機械がやっても同じ結果が得られるものです。子どもをハグすることは機械にはできないですからね。

洗濯機や炊飯器のない時代は、洗濯と料理で1日終わったんだろうなと思います。それが、今この2つを持っていない家庭が日本にはほとんどないですよね。

だから、どんどん家事は機械に任せたり、必要なのであれば家事代行などのサービスを使うのもよいと思います。

私は、雑巾がけが好きじゃないので、ブラーバというロボットを購入しました!これが、ドライのシートもつけられて空拭きもできちゃうので重宝しています。

便利な家電を買うことは、消費でも浪費でもなく、れっきとした投資だと思いますよ!だってママの貴重な時間を生み出してくれるんですから。

仕事と育児を楽しめる環境を作ろう

育児と仕事を両立する場合、自分がどういうふうに働きたいのか、どういうふうに育児をしたいのかをあらかじめ考えて、楽しめる環境を整えておくというのも重要かなと思います。

私の場合は、会社でマネージャーをやりながら育児はちょっと精神的にもストレスが多そうだな、もっと子どもとの時間を多く取りたいなと思ったので、独立することを選択しました。

会社で違う部署に異動願いを出すこともできたでしょうし、転職という道もあったかもしれません。そこは自分が一番納得のいく方法で仕事を選択すればよいと思います。

あとは、両親、ご主人、ベビーシッターさんなど、必要な時に子どもの面倒を見てくれる人たちとコミュニケーションを取っておくことも大切です。

やらなくても大丈夫、手抜き育児、手抜き家事、楽しめる環境を作ることについてご紹介しました。

ママが幸せだと家族みんな幸せです。ママが笑顔だと家族みんな笑顔になれます。ぜひ自分のために使う時間も大切にしてくださいね。一緒に子育てと仕事を両立して働くママとして頑張りましょう!

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法