リサーチ力の高い人と仕事をするとめちゃくちゃスムーズに仕事が進む説

海外で働く大学時代の友達と話していて、リサーチ力高い人と仕事すると早いよねという話しになりました。私たちもいつか一緒に仕事したいね〜なんて話していましたが、本当にリサーチ力は今の時代に欠かせない能力ではないかと思います。

そこで今回はリサーチ力についてまとめてみたいと思います。自分で仕事をしている人はもちろん、チームやサポート役の人には欠かせない能力。本当にリサーチ力の高い人が1人身近にいるだけで仕事の進み方が全然違います。

リサーチ力がなぜ必要なのか?



新しい事業をスタートする時、新しいプロジェクトをスタートする時、新しいアイディアを出す時、ユーザーサポートをする時、マーケティングで競合分析をする時、PRでメディアや記事を探す時、必ずリサーチをする必要があります。

つまり、同じ作業を繰り返す時やマニュアル化されているルーティンワークでない限り、必ずリサーチの仕事って発生するんですよね。

どうしてリサーチが得意な人と仕事をすると早いのか?

アイディア、競合のデータ、メディア数など、分析したり判断したりするにあたって、まずはリサーチが必要になります。リサーチした結果をベースに考えていくので、リサーチが得意な人が近くにいてくれたらとても助かります。

また、量も大切ですが、更に大切なのが質とスピード。

必要なデータをリサーチをどれくらいのスピード感でできるのか?そこもリサーチ力に含まれてきます。

これら3つが全部得意な人が近くにいたら、本当に仕事のスピードがアップします。

リサーチが得意な人の特徴

リサーチ力が高い人の特徴として以下のような点があると思います。

  • リサーチの目的を的確に把握している
  • どのような調査を行えばよいかを判断できる
  • どのような回答を出せば良いかイメージできる
  • リサーチからどのように分析すべきか考えられる
  • 市場やトレンドを把握できる
  • スピーディーにリサーチを実行できる
  • ITスキルや語学力がある
  • 知的好奇心があり日頃から自分でも色々な情報に触れている

特に、日本語以外の言語ができれば情報源はものすごく広がります。

私もITヘルプデスクをしていた際に、まだ日本に入ってきていない製品のサポート情報などは英語で調べていました。リサーチ力がある人は本当に色々な仕事でサポートができる貴重な存在だと思います。

まとめ

リサーチ力はどんな仕事でも必要になるスキルです。身近にリサーチ力の高い人がいるかいないかによって仕事のスピードは大きく変化すると感じます。リサーチ力に資格などがあるわけではないので、一緒に働いてみないとわからないという点では採用するのはとても難しいですし、育成も難しいと思うのですが、逆にこの人はリサーチ力すごい!という人がいたらとても貴重な存在なので、絶対離さないことをオススメします(笑)

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法