女性が「自分らしく働く」を考える時の8つのヒント

こんにちは、キャリアアドバイザーの白木賀南子です。

先日、長年赤ちゃんを撮影し続けているカメラマンさんにお願いして、うちの息子のオムツなし!オムツ一丁!の写真を撮影して頂きました。赤ちゃん1人1人の個性を大切にしながら、本当にありのままの姿を撮影して頂き、息子も本当に楽しそうでした。スタジオ内でおしっこしちゃってもいいんです!床が濡れても拭けばいい!生まれてからずっとオムツをして生活しているので、赤ちゃんにとってオムツなしは最高に気持ちが良いみたいです。

さてさて、今日は「自分らしく働く」ってよく言うけど、結局どういうことなのだろうか?ということを私なりにまとめてみたいと思います。

自分らしいとは

「自分らしい」の意味を検索すると「偽ったり取り繕ったりしていない本来の自分のありよう、ありのままの姿」という説明が出てきました。

ということは、「自分らしく働きたい」と思っている人は、「偽ったり、取り繕ったり、本来の自分とは違う姿」で今の仕事をしているということになりますね。

では、本来の自分を偽ったりしなければいいのですが、「本来の自分」が明確かというと、自分のことが一番良くわかっていなかったりするものです。

自分らしく働くには、まずは「本来の自分」を明確にしないとどこに向かっていけば良いのかわかりません。そこで、本来の自分を知るための3つのヒントをまずはお伝えしたいと思います。

「本来の自分」を知るための3つのヒント

自分の「楽しい!好き!」を思い出す

無条件に自分が、楽しい!好き!と感じたことを振り返ってみましょう。これが私の生きがいだ!という物です。今の時代、情報量が多すぎて、自分が本当には好きでないのに、周りからの情報で好きだと思い込んでしまっているケースがあったりします。これまでに、ハマったことは何ですか?(特に、学生時代)、長く続けていること、続いたことは何ですか?

短所は長所!ありのままの自分を受け入れる

人と比べてしまうかもしれませんが、あなたはあなたのままで素晴らしいのです。長所と短所は、表裏一体です。あなたの短所は何ですか?その短所は、別の角度から見たらどんな長所になりませんか?

自分の「価値観」を大切にする

人と話していて、自分と違うなと思うことはありませんか?やりたくないことを無理にやっていませんか?人と違う意見や考えを持っているのは当たり前なのですが、周囲に遠慮して、自分の考えを押し殺し、やりたくないことをやっている人が多いように感じます。我慢するってものすごいストレスです。相手と話していて違う考えが浮かんでいたり、もっとこうしたらいいのに!という案があるなら、その考えや価値観を大切にしましょう!

いかがでしょうか?まだ、よくわからないという方は、どんな仕事が世の中にあるのかアンテナを張ってよく観察すると良いと思います。世界は自分が思っているよりものすごく広いです。

一歩を踏み出すための5つのヒント

「本来の自分」が明確になったら、あとは「自分らしく働ける」ように、
自分で環境を作るか、環境を変えるかです。でも、なかなか1歩が踏み出せない!そんな方は、以下の行動のヒントを参考にしてみてください。

こうでなきゃ!という思い込みを捨てる

人間は必ず何かを信じて生きています。そして、過去の自分の経験や周りの影響で「思い込み」が形成されています。こうしなければいけない、こうすべきというのを1回捨てて、理想の働き方を自由に考えてみましょう!女性はこうでなきゃ、主婦はこうしなきゃと思っていることはありませんか?経験がないからできないと思っていることはありませんか?

ゴールをお金以外のものに設定する

仕事やキャリアを考える時、どうしても「お金がどれくらい稼げるか」を考えてしまいがちです。でも、お金を基準に選んでしまうと、本来の自分はなかなか見えてきません。お金が理由で諦めていることはありますか?お金以外で仕事に求めているものは何ですか?

自分の可能性を信じる

うちの子を見ていると、何度も何度も転んだり、頭を打ったりしながら、遂に歩けるようになりました!「今まで歩いたことないから自分は歩けない」とは思っていないんですよね。「自分はできる!」と信じることが大切です。やりたいけど、できないと思っていることはありますか?それはなぜ、できないと思いますか?

「直感」を信じる

自然界で動物は自分の直感を信じて生きています。シマウマが後ろにライオンの気配を感じたら、すぐに逃げます。頭で「でももしかしたらこのライオンはいいライオンかもしれない」とか考えません(笑)もっと自分の直感を信じましょう。これやりたい!この人スゴイ!と思ったら、思い切ってやってみる、連絡してみる!頭で考えると、やらない・できない理由がたくさん出てきます。

行動したら諦めずに「待つ」

すぐに結果がほしい!と思う人が多いと思いますが、何をするにもそんなにすぐに結果が出るものではありません。行動したら、待つ姿勢が大切です。「本来の自分」の軸に沿って行動していれば、必ず芽が出る時が来ます。すべてはタイミングです。

ママでも柔軟に働くには「働き方の選択肢」を持つこと

仕事、結婚、子育て、趣味、自分にとって大切なものはあきらめない!これが、私のこだわりだったかもしれません。こだわりはあるけど、状況や環境には柔軟に対応するようにしています。

出産や子育て、女性には自分だけではどうにもならない人生のフェーズがやってきますが、場所や時間に捉われない働き方の選択肢がもっと増えれば、その分「自分らしく働く」チャンスが増えると思います。

もしかすると、こういう働き方がしたい!と思っても、ロールモデルになる人が自分の周りにはいないかもしれません。であれば、今自分が置かれている環境以外で探して、なんなら自分が最初の1人になっちゃえ!という感じです。

ママであっても外に出て働くと、色々な刺激を受け、貢献ができ、自信がつきます。自分の人生は自分でコントロールできるし、自分で選択できます。自分らしく働ける女性がたくさん増えますように!私もまだまだチャレンジ中ですが、自分ができることを少しずつやっていきたいと思います。

フリーランスという選択肢を考えている方にはこちらの記事もオススメです。

独身女性がフリーランスとしてスタートする3つのメリット

10日間でフリーランスとして活躍する能力を掘り起こす方法